© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20137/15

鶏の肩肉のパルメザンチーズオーブン焼き

適当に思いつきで作った料理なので、名前も適当に(´・ω・`)
とはいえ、味は美味しかったのでよし。

最近、近所のスーパー1軒だけに置いてある「鶏の肩肉」。
豚とかは肩ロースとかよく見ますけど、鶏の肩肉はほんとここだけでしか見ません。
胸肉ともも肉のちょうど中間の歯ざわりと脂分なので、
「胸肉はパサパサだしもも肉は脂っぽい」という人には最適だと思います。

 

材料は以下。

  • 鶏の肩肉 半パックほど
  • 粉チーズ 大さじ2
    (今回はチェスコのパルミジャーノレジャーノ
    を使用。オススメ!)
  • バター 大さじ1
  • にんにく 半かけ
  • パン粉 大さじ1

作り方は以下の続きから

  1. まずは肩肉を耐熱皿に並べる。
    味がしみやすいようにフォークでぶすぶすとさしてから並べた。
    鶏肉をならべる
  2. バターを別の耐熱皿にいれて、電子レンジで1分温める。
    とけたバターの中ににんにくをすりおろす。
  3. 2で作った溶かしバターを鶏肉の上にかける。
  4. そして粉チーズ、パン粉をふりかけてオーブンへ。
    この状態でオーブンへ
  5. 余熱あり、210度で20分間焼いたら出来上がり。
    アクセントに乾燥パセリをふりかけた。

と、「オーブンで20分ほっとけばいい」という料理なので
「あと1皿、なんぞ欲しい!」という場合には最適の料理ですし、
ご飯にもよくあいます。

本当は表面がもっとこんがりして欲しかったんだけども温度が低かったのかなあ。

ハンドバーナー、買おうかなあ(笑)

今回使った粉チーズはこちら。
少々高いですけども味はそこらの粉チーズとはまったく別物で一度使うと戻れません(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200910/22

ハンバーグ、和風きのこスパ

今さらなんですが、オーソドックスなメニューです。 今回の材料は以下。(おおよそ4人分ほど:2日に分けて食らいました) …

白身魚のムニエル(レモンソース)

嫁さん曰く、「全然魚がない」との事(笑) そういやあ、肉ばっか食ってますね・・・・ というか新鮮な魚も手に入りにくいし、釣りもしないので…

トマトと玉ねぎのオープンオムレツ

メキシコメキシコ言うてたら、なぜか次はスペインに飛びましたw 「トルティージャ」と呼ばれるいわゆるオープンオムレツですね。 「フタの…

豚のしょうが焼き

ちょいと豚肉が続きます。 今回はしょうが焼きです。 今回の材料は以下!2人分です。 豚肉 (生姜焼き用) 6枚 …

ポークソテー(えせスペイン風)

ポークソテーを食いたくなったんだけども、 その後に「スペイン」と打ち込んで検索して出てきたモノを適当にアレンジ。 実際、スペインでこんな…

20125/4

ブリの照り焼き(めんつゆ使用)

ブリが安く売っていて「おお、んじゃあ照り焼きにしよう」と買ってきたのだけど 調理の段階になってみりんがなくなってた事に気づく。 うーむ・…

201211/3

なすびの洋風ソテー(ケチャップソース)

クリームシチューを食べる際に、もう一つおかずがほしい、と思ったら 冷蔵庫の中になすびと山芋とにんじんとピーマンしかなかった。 な、何を言…

ページ上部へ戻る