© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20137/15

鶏の肩肉のパルメザンチーズオーブン焼き

適当に思いつきで作った料理なので、名前も適当に(´・ω・`)
とはいえ、味は美味しかったのでよし。

最近、近所のスーパー1軒だけに置いてある「鶏の肩肉」。
豚とかは肩ロースとかよく見ますけど、鶏の肩肉はほんとここだけでしか見ません。
胸肉ともも肉のちょうど中間の歯ざわりと脂分なので、
「胸肉はパサパサだしもも肉は脂っぽい」という人には最適だと思います。

 

材料は以下。

  • 鶏の肩肉 半パックほど
  • 粉チーズ 大さじ2
    (今回はチェスコのパルミジャーノレジャーノ
    を使用。オススメ!)
  • バター 大さじ1
  • にんにく 半かけ
  • パン粉 大さじ1

作り方は以下の続きから

  1. まずは肩肉を耐熱皿に並べる。
    味がしみやすいようにフォークでぶすぶすとさしてから並べた。
    鶏肉をならべる
  2. バターを別の耐熱皿にいれて、電子レンジで1分温める。
    とけたバターの中ににんにくをすりおろす。
  3. 2で作った溶かしバターを鶏肉の上にかける。
  4. そして粉チーズ、パン粉をふりかけてオーブンへ。
    この状態でオーブンへ
  5. 余熱あり、210度で20分間焼いたら出来上がり。
    アクセントに乾燥パセリをふりかけた。

と、「オーブンで20分ほっとけばいい」という料理なので
「あと1皿、なんぞ欲しい!」という場合には最適の料理ですし、
ご飯にもよくあいます。

本当は表面がもっとこんがりして欲しかったんだけども温度が低かったのかなあ。

ハンドバーナー、買おうかなあ(笑)

今回使った粉チーズはこちら。
少々高いですけども味はそこらの粉チーズとはまったく別物で一度使うと戻れません(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200912/18

サムギョプサル

釜山で食べたものの中でこれも忘れられない味。 あの時に撮った写真を見ながらせっせと再現してみました。 今回の材料は以下!(2…

20114/20

手羽元のマヨネーズオーブン焼き

手羽元料理は続く!(どれだけハマってんだw) 今日は焼いてみた。しかしめんどうなのはいやだった! 今回の材料は以下。 …

20094/13

ガーリック・シュリンプ

えーと、この間までハワイに行ってました。 ノースショア方面で食った「ガーリック・シュリンプ」というのが とても美味くて再現を試みました!…

20117/24

鶏肉のオーブン焼き(ガーリックレモンソース)

鶏肉をカリッと焼いたヤツが食いたくなり 夏だしニンニク効かそう、しかし油っぽいのいやだな? って事でオーブンで焼いたらこうなりましたっと…

20095/8

クリームシチューグラタン

クリームシチュー大量に作って余ってしまった。 そんな時にはグラタンっぽく処理して2日目に挑みます。 材料は以下。 ク…

鶏肉とかぼちゃのホイル焼き

「なにか放り込んでおけば勝手に出来るものを」 メインのおかずを作ってる際に、たとえばグリルに放り込んでおけば 勝手に出来上がってくれるよ…

タンドリーチキン風な鶏もも肉

タニタレシピに載っていたタンドリーチキンを自分なりに改良してみた。 材料は以下。(2人分) 鶏もも肉 1枚 無糖ヨ…

ページ上部へ戻る