© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

[大分県郷土料理] こねり

大分県郷土料理シリーズ小麦粉第三弾は「こねり」。
「野菜の小麦粉味噌炒め」とも言えるレシピですが、これもまた美味しかった!
本当はにがうり(ゴーヤ)を使うんですが、今回はピーマンで代用。
我が家のレシピとしては「なすとピーマンの味噌炒め」に近い物があります。

[大分県郷土料理]こねり

材料は以下。

  • なすび 2本
  • ピーマン 2個
  • いりこ 8本程度
  • 味噌 大さじ3
  • 小麦粉 大さじ3
  • 水 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1

作り方は以下

  1. まずはなすびを5mm幅ぐらいにスライス。ピーマンは細切りに。
    なすびは水にさらしておく。
    2014-09-05-17.49.07
  2. 別容器に小麦粉、味噌、水、砂糖を合わせてこねる。
    2014-09-05-17.54.03
  3. 大さじ2程度の多めの油をフライパンに熱し、いりこ、水を切ったなすびを入れて炒める。
    2014-09-05-17.58.02
  4. なすびに油が回ったらピーマン投入。
    2014-09-05-17.59.17
  5. ピーマンがしんなりしたのを頃合いに、火を弱火にして2で練った小麦粉を投入。
    2014-09-05-18.00.27
  6. ゆっくりと混ぜながら粉に火を通していく。粉に火が通ってペースト状になれば出来上がり。

調味料として小麦粉を使う、なんというか執念みたいなものを感じたレシピですが
いりこと味噌が入ってるおかげか、なんともご飯が進む濃厚な味でした。

これにピーマンではなくゴーヤが入ったら、なんとも爽やかな味になって
ますますご飯が進むのではないでしょうか(笑)
なすび、ゴーヤと夏に取れる野菜を食べるために考えられたメニューだそうですが
なんとも理にかなったレシピだと思います。

ちなみに国東(くにさき)地方ではこの料理、「オランダ」という名前になるそうです。
国名である「オランダ」とはなんの関連もないそうですが、
炒めるときに大きな音がする事から、大分弁の「おらんだ(叫んだ)」から取られたとか。

素朴な味ってほんま飽きないからいいですね。
我が家の夏の定番メニューに仲間入りしそうです。
チビらがもう少し大きくなるまではゴーヤよりピーマンかなあ(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

韓国風辛麺~そうめんVer.

お昼に軽く麺類でも。。。かといってそうめんとめんつゆには飽きた!そんな場合はコチュジャン使ってピリ辛なそうめんを! 材料は以下! …

鶏肉とほうれん草のカレー

そしてインドへと向かう我がの興味。 ちょいと立ち読みした本で、いい感じのインスピレーションをGETしたのでこんなのを。 ちょっと…

冷しゃぶ(豚肉)

20086/9

高菜チャーハン

おみやげになんか有名処の高菜もらいました。なもんで、チャーハンを作ってみる事に。 材料は以下 ご飯(冷ご飯でも可) 高菜 …

ほうれん草とベーコンの炒め物

さて、鉄分といえばほうれん草。 今回は洋風な感じのものにトライ。 材料はこちら(2人分) ほうれん草 3束 ベー…

豆腐のピリ辛サラダ

急に暑くなったのでさっぱりと冷たい、そして辛いものが食べたくなったので こんなのを作ってみました。 材料は以下 木綿…

納豆と豆腐のサラダ

Twitterで朝から「納豆」という言葉が乱舞してたので こういうのを作ってみました。 ネタ元はこちらからインスピレーションをパクりまし…

ページ上部へ戻る