© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

カルツォーネ

小麦粉いじりに夢中になりつつある昨今。
冷蔵庫にロースハムがあったのでそれをなんとか処理したいと思って作ったのがこれ。
ハンディな形のピザ、みたいなもんです。中身はかなりアレンジしましたがw

カルツォーネ

材料は以下

  • 生地
    • 強力粉 200g
    • オリーブオイル 大さじ1
    • 塩 小さじ1
    • 砂糖 大さじ2
    • 水 半カップ
    • ベーキングパウダー 大さじ2/3ほど
  • ロースハム 2パック(8枚)
  • ピザ用チーズ 適量
  • パセリ 大3本
  • パルメザンチーズ 少量
  • プチトマト 3個

作り方は以下

  1. 生地を練るのだけど、今回はホームベーカリーの生地モードを使用した。
    すべての生地材料を放り込んでスイッチオン。
    その間にパセリを切ったり、材料の用意をする。
    2014-09-21-17.12.32
    最終的に出来上がってきたのはこんな感じ。これにラップをしておく。
  2. 材料を揃えてるウチに30分ほど経ってたので、結果的に生地を寝かす事になった。
    2014-09-21-17.21.52
    プチトマトはスライス。なんか後の洗い物が恐ろしい事になりそうな予感・・・
  3. まな板に打ち粉(今回は片栗粉を使用)を敷いて、生地をピンポン球ぐらい取りだして麺棒で伸ばす。麺棒にも粉を塗っておくとくっつかなくて楽。
    2014-09-21-17.24.04
    ロースハムより少し大きめぐらいに伸ばす。厚さは必然的に5mm前後になる。
  4. 生地にケチャップを塗り、ハム、パセリ、チーズ、パルメザンと乗せた図。
    2014-09-21-17.27.14
  5. これを半分に折って、端っこを指でのばしながらくっつける。
    2014-09-21-17.39.30
  6. オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、くっつかないように並べる。
    2014-09-21-17.41.35
    今回は8個という数になった。そのうちの2個はケチャップが欠乏したために
    マヨネーズが代わりに放り込んである(笑)
  7. オーブンを220℃(予熱あり)で20分間焼けば出来上がり。
    この焼き上がる間に洗い物を済ませれるか、が配偶者評価に直接繋がるので
    とても重要なポイントですぞ(笑)

実際出来上がってみると味は美味しかったのだけども生地が硬く感じた。
もしかしたら薄力粉と半分ずつにしたり、ベーキングパウダーを使わずに
ドライイーストを入れて、ホームベーカリーの生地モードでの発酵をさせたほうが
もっとふんわりと仕上がるのかも知れません。
これは次回作るときに再度実験が必要かなあ。

出来上がったのはいいけども「なんか晩ご飯らしくない」との事で
翌日の朝ご飯に回されることになりました(笑)
確かに片手で持って食べれるし、ボリューム的にもその方がいいのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イタリアン風な冷たい野菜の前菜

イタリアン風な冷たい野菜の前菜

夏が近づくとどうしても冷たい物が食べたくなりますけども、そうめんとかざるそばばかりじゃ何とも飽きます(笑) なので、こんな感じでイタリアン…

ソイのアクアパッツァ

魚を食べる際に「洋風」のものはないのか、と文献をあさってると イタリア料理に「アクアパッツァ」なるものがある事を知る。 「水、白ワイ…

鶏もも肉とかぼちゃのトマト煮

子供がかぼちゃがかなり好きなようで、なんぞ頭を捻って考えないと、と思い 考えだしたのがこのメニューでした。 今回の材料は以下…

ポッロ・アイ・カッペリ(鶏胸肉のケッパー風味炒め)

さてこの仰々しい名前の料理(Pollo ai Capperi)ですがイタリアはナポリ地方の料理だそうで。 この間買った本「知っとこ!世界の…

イタリアン風な胸肉のマヨネーズサラダ

イタリアンな胸肉のマヨネーズサラダ

ちょいとイタリアンが続いてますが、本日はサラダを。 しかも、胸肉を使うとなるとリーズナブルですしね(笑) 今回の材料はこちら…

イタリアン風ミートボール煮込み

イタリア、ミートボールと言えば思い浮かぶのがやっぱり映画「グッドフェローズ」。 そういえばマフィア映画ってやたらと料理シーンが出てきますね…

ページ上部へ戻る