© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

鶏肉のフォー(米の麺)

なんともお久しぶりでございます。
ここ最近は我が家の事情が一変しまして過去ライブラリからの食事しか作れていなく
新しいレシピにトライしているヒマがなかったのですがまた再開!と。

まずはアジアンレシピ方面に進出しようとナンプラーを初購入。
そしてまずは作ってみたのが定番のこちら。

鶏肉のフォー(米の麺)

写真がボケまくってるのがブランクを感じさせますね。
材料は以下!

  • 鶏もも肉 1枚
  • 玉ねぎ 半分
  • しょうが 半分
  • にんにく 1かけ (以上でスープをとる)
  • ナンプラー 小さじ1
  • レモン汁 小さじ半分(なくても可能)
  • 塩・こしょう 少々
  • 細ネギ、香菜(パクチー)少々

作り方の手順は以下。

  1. まずはスープをとるのだけれど驚いたのがまずは皮付きの玉ねぎ、そしてしょうがを直火で焦げるまで炙るという行程。
    2016-03-25 16.46.28

    フォークで串刺しにしてこうして炙ります。もちろん安全装置が働いてガスとまりまくりですがめげずに。
  2. 途中で皮が焼け焦げて消失。
    2016-03-25 16.49.24
  3. 同じようにショウガも皮のままで炙ります。
    2016-03-25 16.51.29
  4. 焦げた部分をスプーンでこそげおとして鍋に鶏肉と水、そしてしょうが、玉ねぎ、潰したにんにくを入れて火にかけます。
    2016-03-25 16.55.13
  5. これを30分ほど、あくをすくいながらコトコトと弱火で煮込むとスープの出来上がり。
    ナンプラー、塩、こしょうで味を調えて(これは好みで良いです。ナンプラーの風味が苦手な人は醤油にしてもいいですし、塩を多めにするなど)
    レモン汁ももしレモンがあればくし形に切って丼に浮かべれば本場チックかも。よう知らんけど。
  6. 別の鍋でもどしたフォーを湯切りして丼にいれてスープを注ぎ、パクチーとネギ、そしてスープの中の鶏肉を切って盛り付けて出来上がり。

と、この行程にけっこうびっくりするも、出来上がってみると味覇とかしたお湯でもいいんじゃないか、と思ったり。
鶏肉を茹でる際にこうして仕込んでおけばスープも取れるし一石二鳥って感じですかね。

今回参考にしたレシピ本はこちら。

この本はベトナム、タイ、韓国の「おかずになるレシピ」を中心にのっけてまして
材料が通販で手に入るかどうかまで書いてある親切な本です。
このスープの取り方もこの本に書いてありました。

さて、ナンプラー使い切るまでチャレンジ開始しますかあ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

20125/16

はりはり鍋風肉うどん

大量の水菜を食べるのにはやはりハリハリ鍋。 とはいえ、今では鯨は高級食材の仲間入りなので豚肉を使う事にする。 ・・・・いや、それにうどん…

納豆うどん

納豆は昔では関西地方では忌み嫌われる存在でしたが最近では健康ブームのせいなのか世代が変わったのかそういう事もなくなりましたね。 さて、今回…

20085/12

ソーメンチャンプルー

さーて、また沖縄風を一発。というか、今日のゴハン、買い物行くの忘れてしもて(泣)なんとか残りもんかき集めて作ってみました。 今回の…

坦々そうめん

そうめんもつゆでばっか食ってると飽きてきます。 しかし、夏には欠かせないこのそうめんの利用法を考えるべく この前の冷やし担々麺を参考にし…

冷やし担々麺

やっぱりやっぱり冷たいものが食べたい! しかもピリっと辛くて食欲出そうなもん、といえばやはりコイツの出番。 用意する物は以下…

ミーゴレン風焼きそば

ここ最近、新しいレシピに挑戦する気力がなくてしばらく更新せず・・・ という事で引き続きエスニック系料理を。 今回はミーゴレン「風」焼きそ…

ゆで鶏のこしょうレモンソース

この間、フォーのレシピを紹介した際にスープを鶏もも肉でとりましたが その際に使ったもも肉をこういうソースで食べてみました。 …

ページ上部へ戻る