© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

イタリアン風な胸肉のマヨネーズサラダ

イタリアンな胸肉のマヨネーズサラダ

ちょいとイタリアンが続いてますが、本日はサラダを。
しかも、胸肉を使うとなるとリーズナブルですしね(笑)

イタリアン風な胸肉のマヨネーズサラダ

今回の材料はこちら

  • 鳥の胸肉 1枚
  • トマト 1個
  • 冷凍コーン 半カップほど
  • きゅうり 1本
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 白ワインビネガー 小さじ1
  • エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1
  • 黒こしょう 適当
  • レタス 適当
  • バジルの葉 数枚

作り方は以下

  • まずは胸肉に塩小さじ1をすり込んで10分ほど放置。
    その間に鍋に胸肉が浸かるぐらいのお湯を沸かしておく。
  • お湯がわいたら、胸肉を茹ではじめる。
  • その間にトマト、きゅうりをサイコロ状にカットしてボウルにいれておく。
    冷凍コーンも解凍せずにそのまま入れる。(茹でた胸肉の熱で解凍される)
  • 15分ぐらい茹でると良い感じになってるはずなので肉を取りだしてサイコロ状に。
    この時点でもし中が生ならもう一度お鍋で茹でよう。(なのでお湯は捨てずに肉だけ取り出す)
  • サイコロ状に切った肉をボウルに入れて、マヨネーズ、白ワインビネガー、オリーブオイルを投入して混ぜる。
    後は好みで黒こしょうを。
  • お皿にレタスを契ってその上に盛り付けて、バジルの葉を散らして出来上がり。

と、そんなに難しくはないレシピです。
ビネガーもオリーブオイルもねえ、という場合はマヨネーズだけでも全然大丈夫。
ただ、やっぱりこれを加えると一気にイタリアンな香りと味にはなりますのでオススメです。

粉チーズなんかをこの上から振りかけてもおいしくなりますよ。
鳥をゆでたお湯もそのままスープに転用しても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆乳ヴィシソワーズ

マンガ「美味しんぼ」「ザ・シェフ」などで読んでは憧れた「ビシソワーズ」。 この「じゃがいもの冷たいスープ」というものになぜか挑戦したくなっ…

イタリアン風な冷たい野菜の前菜

イタリアン風な冷たい野菜の前菜

夏が近づくとどうしても冷たい物が食べたくなりますけども、そうめんとかざるそばばかりじゃ何とも飽きます(笑) なので、こんな感じでイタリアン…

鶏レバーの茹で物

貧血対策で鶏レバーを食べることが増えたのですが、 「いつもいつもいつもいつも鶏レバニラかい!」とツッコミが入りそうなので・・・ 考えてみ…

ポテトサラダ(Ver.2)

前回は電子レンジで作ったポテトサラダ。 今回はちゃんとゆでて作って見ました。 そして、中に入れる具も少し変えてみた。 …

いかの冷製エスニック風

さて、続きましてのアジアンレシピシリーズ(ナンプラー活用編) 今回はいかを使った前菜チックな冷製ものです。 今回の材料は以下…

ポッロ・アイ・カッペリ(鶏胸肉のケッパー風味炒め)

さてこの仰々しい名前の料理(Pollo ai Capperi)ですがイタリアはナポリ地方の料理だそうで。 この間買った本「知っとこ!世界の…

201411/8

なすびとマッシュルームのサラダ

マッシュルームを生で食べるにあたって、何と合わせたらよかろうと考えたのがこちら。 材料は以下 なすび 小1本 マッ…

ページ上部へ戻る