© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

肉団子のスープ(アルボンディガス)

家に本がないとレシピを知りようがなかった昔と比べて
今は「ネット」という武器があります。
で、いろいろメキシコ料理レシピを調べてたんだけども
この肉だんごのスープ(アルボンディガス)ってのがおいしそうだった。
Albondigas・・・・なんかゲームのキャラにいそうな名前だw
ただし、全く同じ材料が手に入らなかったので例の如く勝手にアレンジしてみた。

肉団子のスープ(アルボンディガス)

今回の材料はこちら!(4~5人分)

  • 合挽肉 250g
  • 玉ねぎ 1個(スープ用) 半分(肉団子用)
  • にんにく 1かけ
  • スイートコーン缶詰 (中) 1缶
  • ホールトマト缶 1缶
  • 玉子 1個
  • スイートバジル ひとつかみ
  • クミンパウダー チリパウダー ナツメッグ
  • コンソメスープの素 1個

作り方は以下の続きから

  1. 肉団子を作る過程からスタート。
    まずは、挽き肉、玉ねぎ(みじん切り)、玉子をボウルに入れて
    スイートバジル(今回はこれを使ったがなんでもいいしなくてもいい)
    のみじん切り、そしてクミン(小さじ1)、塩(小さじ1)、ナツメッグ(少々)
    胡椒(少々)を振りかける。
    肉団子制作過程
    お好み焼きみたいですが・・・・・・・
    これを木べらなり手なりでよくこねよう。
  2. 1が終われば次はスープの用意。
    フードプロセッサーかミキサーにホールトマト缶と玉ねぎの乱切り、
    そしてニンニクを1かけ入れて、ペースト状になるまで回す。
    スープ制作過程
  3. 2のペーストをフライパンに入れて火にかける。
    今回、スープの味付けにはコンソメスープの素と水1カップを入れた。
    なければ塩だけで味をつけてもかまわないと思う。
    スープが煮たってきたら、団子を丸めて投入。
    団子が全部投入されたら、スイートコーンの缶詰を放り込んで
    フタをして、10~15分ほど煮込む。
  4. 最後にチリパウダーを小さじ1~2(好み)放り込んで出来上がり。
    0048

レシピとしては過去に作った「ヨージキ(ロシア料理)」によく似てますが
バターを使用しないことと、クミンとチリパウダーの香りが
とても野性的というか、土の香りといいますか・・・・違う料理ですw

今回の晩ご飯は、こいつとワカモーレとご飯(嫁さんはパン)でいただきました。

メキシコ料理・・・・・・ついに本をAmazonでポチってしまいました(笑)
もっともっと突き詰めるぞー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


Warning: Use of undefined constant Footer - assumed 'Footer' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gfellows/cook-man.com/public_html/wp-content/themes/grider_tcd015/single.php on line 95
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

野菜のトマト煮

野菜のトマト煮(ラ・マンチャ風)

こういうトマト煮込みというのはフランス、イタリアあたりのご飯ではよくありますが スペインでもやっぱりあるみたいです。隣接する国ならではなん…

201311/6

鶏もも肉の濃厚味噌煮込み

鶏もも肉を食べる方法として「味噌味」それもメシのおかずになりそうな、という コンセプトのもとでちょっと作ってみたのがこちら。 …

200811/17

白菜と豚肉のクリーム煮

中途半端にクリームスープの素があまっちまったぜ・・・って時に最適なこの料理。 材料は以下。 豚バラ肉スライス 1パック …

201210/7

手羽元の洋風煮込み

手羽元はたまにオニの様に安い値段で売られている事がある。 で、思わず買ってしまうのだけど大抵は唐揚げにするか、和風や中華風の煮込みになる。…

鶏の竜田揚げ+サルサ

メキシコ料理のレシピ本を買いました。 が、あまりにも本格的すぎて・・・・・材料揃えるだけでも大変! そんな中、和食との融合を目指して…

201311/19

豚バラ肉の肉豆腐

肉豆腐、といえば牛肉がデフォな気がしますが豚バラの方が好みです。 脂の味が野菜にしみこんだ感じがなかなか美味いのです(笑) …

20137/15

玉ひもの甘辛煮

たまにスーパーとかで見かける玉ひも。 見た目のグロさになかなか苦手な人も多いのですけれど、 調理してしまえばなんて事ない、というかとても…

ページ上部へ戻る