© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20149/6

豆乳を使ったクラムチャウダー

クラムチャウダーは過去、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで食べたのが
めちゃめちゃ記憶に残っておりまして、それ以来いつか作ったろ、と思ってました。
そして今回いよいよトライしてみたってわけです。

2014-07-09-17.14.29

(完成品の写真取り忘れた・・・写真は出来上がりの手前、鍋での状態です。)

材料は以下。(カップで4人分)

  • あさり 1パック
  • 豆乳 もしくは 牛乳 1カップ
  • コンソメキューブ 2ヶ
  • 白ワイン 1カップ
  • じゃがいも 2個
  • 玉ねぎ 1個
  • ベーコン 2枚
  • ローリエ(月桂樹の葉) 1枚
  • 塩、こしょう 適当
  • 小麦粉(とろみ調節)
  • バター 大さじ1程度

作り方は以下。

  1. 「煮崩れしたクリームシチューが貝の味がしとる」という漠然としたイメージで捉えたので、まずはあさりを洗って塩水につけて砂抜きを開始する。
  2. その間に材料を切る。ジャガイモとベーコンは細かく、玉ねぎはスライスで。
    2014-07-09-16.36.17
  3. 砂抜きが終わったあさりを鍋に入れて、白ワインと水1カップを入れてフタをして弱火にかける。
    あさりの口が開いたらこの行程は終了。煮汁は捨てずにこして別容器へ。
    あさりの中身をとりだしてこれまた別容器によけておく。
    2014-07-09-16.25.51
  4. 底の深めの鍋、もしくはフライパンを火にかけてバターを投入。
    まずはベーコン、そして玉ねぎを弱火で炒める。
    2014-07-09-16.39.33
  5. 玉ねぎがしんなりしてきたらじゃがいもを投入。
    2014-07-09-16.43.25
  6. 全体的にしんなりしてきたら、水カップ2とコンソメキューブ、ローリエを投入。
    2014-07-09-16.47.24
    これはちょっと火が強すぎ(笑) 写真撮る際に慌ててたためです。弱火で!
  7. ジャガイモが煮崩れしてきた辺りでさっきの煮汁とあさりを投入。
    2014-07-09-16.48.20
    この時点で味を見て、薄いようなら塩・こしょう、もしくはコンソメキューブを追加で。
  8. 豆乳を投入。(シャレではありません)
    2014-07-09-16.59.35
  9. この段階ではとろみがまったくないけども、このまま食べても問題はない。
    ただ、やっぱりとろみが欲しかったので、この時点で今回は薄力粉を水で溶いて混ぜて弱火で煮込み、とろみを無理矢理つけた。
    ただ、もしかしたらじゃがいもを炒める段階で小麦粉を入れたほうがいいのかも。

というわけで、試行錯誤の連続で出来上がったクラムチャウダーですが
それなりにおいしかったです。
ただ、貝のエキスをいかにしてスープに落とし込めるかがカギな気がします。
これからまた研究を重ねて、また追記していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20149/6

[大分県郷土料理]だんご汁

大分県郷土料理小麦粉シリーズ第二弾は「だんご汁」。 今回はさっき書いた「やせうま」と同時進行で作りました。 材料は以下 …

とろろ汁(めんつゆVer.)

山芋もけっこう使い勝手が悪い気がしてるRadishさんですが今回、こいつを汁物にしてしまおうと実験を敢行しました! 用意する物は以下!…

20088/15

スープカレー(Take1)

暑いから。辛い何か食べたくなった。 んじゃカレー!いやまて・・・・・・マジスパで食った「スープカレー」てのがあったな! というので初挑戦…

200810/7

豚汁(さつまいも入り)

そろそろ夜とか寒くなってきましたねー というわけであったかい汁物を! 豚汁にさつまいもいれてみました。 薩摩芋の甘味がたま…

豆乳ヴィシソワーズ

マンガ「美味しんぼ」「ザ・シェフ」などで読んでは憧れた「ビシソワーズ」。 この「じゃがいもの冷たいスープ」というものになぜか挑戦したくなっ…

20097/14

あさりの味噌汁

アサリが安かったのでついつい購入。 酒蒸しもいいけど、まずは味噌汁って事で。 材料は以下!(2人分) あさり 100…

200811/8

だんご汁

どうやら大分地方の郷土料理っぽいこのだんご汁。 「こんなんかな~」と思って適当に作ってみた。 今回の材料は以下! 小…

ページ上部へ戻る