© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

20124/1

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

「洋風・肉・がっつり」というなんとも曖昧なテーマを提示されたので
以前、居酒屋「土間土間」で食べた事のあるすじ肉のデミグラス煮込みを思いついた。

土間土間では「フレンチかぶれの牛すじデミ」というなんとも言えんネーミングで提供されている。
いざ、作ってみるとそんなに難しい物ではなかった。

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

材料は以下。

  • 牛すじ肉 300g(二人分)
  • デミグラスソース缶 1缶
  • 玉ねぎ 半分
  • マッシュルーム 4つ
  • 赤ワイン 半カップ
  • 月桂樹の葉(ローリエ) 1枚
  • イタリアンパセリ 少し

作り方は以下の続きから。

  1. 「下ごしらえさえ済んだすじ肉をデミグラスソースで煮込めば良かろう」との大ざっぱな計画にのっとり、まずはすじ肉の下ごしらえを開始する。
    圧力鍋に肉がつかるぐらいの水を入れて、臭み取りのために赤ワイン半カップ、そして月桂樹の葉を入れる。
  2. フタをして20分間圧力をかけ続ける。20分後、火を止めて圧がぬけるまで放置。
  3. 玉ねぎ、マッシュルームをスライスしておく。
  4. 別のフライパンにデミグラスソース缶をあけ、半カップの水(ワインでもいいと思う)で溶きながら温める。
  5. 2の鍋の肉を取り出してフライパンに移し、玉ねぎとマッシュルームを入れる。
  6. あとは弱火でぐつぐつ煮込むだけ。
    すじ肉のゼラチン、そして水分の蒸発によりとろみが出てくるので味を見ながら頃合いを見てお皿に上げる。
    イタリアンパセリを刻んで上に載せて出来上がり。

濃厚な味がすじ肉に非常にあってます。
まさに洋風どて焼きといった感がありました。

粉チーズなんぞをパラパラと振りかけてもおいしいんじゃないでしょうか。
あとはサワークリームなんかも濃厚でいけそうです。

ちなみにご飯、3杯食いましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200811/28

煮豚

圧力鍋を使いはじめてやってみたかった事は「焼き豚」作り。 しかし、これは「煮豚」なのか?と思ったので今回は煮豚として登録。 …

200811/17

白菜と豚肉のクリーム煮

中途半端にクリームスープの素があまっちまったぜ・・・って時に最適なこの料理。 材料は以下。 豚バラ肉スライス 1パック …

鶏レバーの茹で物

貧血対策で鶏レバーを食べることが増えたのですが、 「いつもいつもいつもいつも鶏レバニラかい!」とツッコミが入りそうなので・・・ 考えてみ…

ヨージキ~ロシア風ミートボール

まだまだ挑戦しつづけます。ロシア料理! ロシア料理第五弾は「ヨージキ」ロシア風ミートボールです。 今回使用した材料は以下! …

鶏団子の煮物(1歳半専用)

鶏団子の煮物(1歳半専用)

子供のメニューって結構忘れるのでこれも載せる事にしました。 「出来合いの食物は成長を逼塞させる。だから私が全てを補うのだ!」 ロンド・ベ…

20095/16

青梗菜(チンゲンサイ)のクリーム煮

なんかそんな感じの料理あったよな、と思ったのと 「もうすぐ牛乳、賞味期限やべえ」という2つの理由から思い立った料理です。 あ…

手羽元の甘辛煮込み

20156/29

手羽元の甘辛煮込み(圧力鍋使用)

手羽元はチビ達の大好物。故に「ほっといても出来る」方法を編み出しておけば 何かと楽じゃないか、と思って取り組んだのが今日のメニュー。 …

ページ上部へ戻る