© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

20124/1

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

「洋風・肉・がっつり」というなんとも曖昧なテーマを提示されたので
以前、居酒屋「土間土間」で食べた事のあるすじ肉のデミグラス煮込みを思いついた。

土間土間では「フレンチかぶれの牛すじデミ」というなんとも言えんネーミングで提供されている。
いざ、作ってみるとそんなに難しい物ではなかった。

すじ肉のデミグラス煮込み(圧力鍋使用)

材料は以下。

  • 牛すじ肉 300g(二人分)
  • デミグラスソース缶 1缶
  • 玉ねぎ 半分
  • マッシュルーム 4つ
  • 赤ワイン 半カップ
  • 月桂樹の葉(ローリエ) 1枚
  • イタリアンパセリ 少し

作り方は以下の続きから。

  1. 「下ごしらえさえ済んだすじ肉をデミグラスソースで煮込めば良かろう」との大ざっぱな計画にのっとり、まずはすじ肉の下ごしらえを開始する。
    圧力鍋に肉がつかるぐらいの水を入れて、臭み取りのために赤ワイン半カップ、そして月桂樹の葉を入れる。
  2. フタをして20分間圧力をかけ続ける。20分後、火を止めて圧がぬけるまで放置。
  3. 玉ねぎ、マッシュルームをスライスしておく。
  4. 別のフライパンにデミグラスソース缶をあけ、半カップの水(ワインでもいいと思う)で溶きながら温める。
  5. 2の鍋の肉を取り出してフライパンに移し、玉ねぎとマッシュルームを入れる。
  6. あとは弱火でぐつぐつ煮込むだけ。
    すじ肉のゼラチン、そして水分の蒸発によりとろみが出てくるので味を見ながら頃合いを見てお皿に上げる。
    イタリアンパセリを刻んで上に載せて出来上がり。

濃厚な味がすじ肉に非常にあってます。
まさに洋風どて焼きといった感がありました。

粉チーズなんぞをパラパラと振りかけてもおいしいんじゃないでしょうか。
あとはサワークリームなんかも濃厚でいけそうです。

ちなみにご飯、3杯食いましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

肉団子のスープ(アルボンディガス)

家に本がないとレシピを知りようがなかった昔と比べて 今は「ネット」という武器があります。 で、いろいろメキシコ料理レシピを調べてたんだけ…

200811/17

白菜と豚肉のクリーム煮

中途半端にクリームスープの素があまっちまったぜ・・・って時に最適なこの料理。 材料は以下。 豚バラ肉スライス 1パック …

20114/20

手羽元のオイスターソース煮

最近、手羽元の美味さに目覚めましてw あの手づかみでガシガシ食べる快感といいますか、それがたまらんのですね。 さて、今回はこんな感じ…

ヨージキ~ロシア風ミートボール

まだまだ挑戦しつづけます。ロシア料理! ロシア料理第五弾は「ヨージキ」ロシア風ミートボールです。 今回使用した材料は以下! …

201210/10

筑前煮(がめ煮)

ここいらでいっぺんきっちりと筑前煮を作ったろかいね、と本腰いれてみた。 元々は「がめ煮」と呼ばれた九州北部地方の郷土料理であるこの料理。 …

鶏団子入りの筑前煮(2歳児Ver.)

1歳9ヶ月の愛娘、なかなかお肉が苦手のようで食べさせるにも一苦労。 野菜の方は、料理の本を見せて「どれが好きー?」って聞くと、必ず筑前煮を…

厚揚げの甘辛煮込み

実は前回の「すき煮」と全く作り方は同じですw 味付けにコチュジャンを加えて、ピリ辛にしたぐらいでしょうか。 材料は以下。(3…

ページ上部へ戻る