© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20128/14

鶏のオーブン焼き(甘いソース)

嫁さんと娘が帰省して、留守番しているのですが冷蔵庫の材料を使い切らないと
かなりヤバイ状況になってきてまして、実験がてら作ったのがこれ。

冷蔵庫にトマト、そしてデラウェア(ぶどう)がハンパに残ってたので
塩辛く焼いた鶏のもも肉に甘酸っぱいソースを載せたもの。

材料は以下。

  • 鶏のもも肉 1枚
  • ソース材料
    • 玉ねぎ 半分
    • トマト 半分
    • ぶどう(デラウェア)15粒程度
    • マッシュルーム 3個
    • ベーコン 少々
    • 白ワイン 半カップ
    • バター 小さじ2
    • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 適量

作り方は以下の続きから。

  1. まずは鶏肉に塩・こしょうをすり込んでしばらく放置。
    その間にオーブンを220℃に温めておけば手間が省ける。
    で、20分間、鶏肉を焼く。
  2. その間にソースを作る。
    玉ねぎ、トマト、マッシュルームはみじん切り。ブドウは皮を剥いておく。
  3. フライパンに小さく切ったベーコンを入れて火にかける。
  4. 油が出てきたらバターをいれて、まずは玉ねぎを炒める。
    この際、色はあえて付けないように弱火でじっくりと10分ほど炒める。
    マッシュルーム投入して、2分後にトマト・ぶどうを入れる。
  5. そしてワインを入れて中火にして煮詰める。3分ほどで味を見ながら砂糖を足す。
  6. 火を止めておく。
  7. オーブンで肉が焼き上がるのでそれを皿に載せて、ソースを載せてパセリ(乾燥)をかけて出来上がり。

塩辛い物に、甘いソースというのは海外ではよく見かける組み合わせで
オレンジソースとかもありますね。
酢豚にパイン、的な考えでぶどうを今回使いましたけど、酸っぱさも出ておいしかったです。

ワインビネガーなんか足したら爽やかさも出ていいのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200911/2

鶏肉のマヨネーズ焼き

なんとなく思いついたので実験がてら。 今回の材料は以下!(二人分) 鶏もも肉 1枚 レタス、きゅうり 少々 大…

201310/4

エビマヨならぬ「トリマヨ」

昼にカルボナーラを作って卵白が2個分余った。 それなら浮かぶのが「フリッター揚げ」という使い方なんだけども、 ここはトリのもも肉を使って…

20125/4

ブリの照り焼き(めんつゆ使用)

ブリが安く売っていて「おお、んじゃあ照り焼きにしよう」と買ってきたのだけど 調理の段階になってみりんがなくなってた事に気づく。 うーむ・…

鶏肉とかぼちゃのホイル焼き

「なにか放り込んでおけば勝手に出来るものを」 メインのおかずを作ってる際に、たとえばグリルに放り込んでおけば 勝手に出来上がってくれるよ…

さばの香味焼き

ここ最近は肉と魚を交互にメインに持ってくるという試みをしています。 チビさん達になるべく分け隔てなく食べて欲しい、という願いをこめて(笑)…

木綿豆腐と鶏ひき肉のつくね(オーブン使用)

限りなく低カロリーのおかずでお腹にたまりそうなモン、という事で 豆腐と鶏胸肉のひき肉を使い、油を使わずオーブンで焼いてみました。 …

20137/15

鶏の肩肉のパルメザンチーズオーブン焼き

適当に思いつきで作った料理なので、名前も適当に(´・ω・`) とはいえ、味は美味しかったのでよし。 最近、近所のスーパー1軒だけに置…

ページ上部へ戻る