© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

鮭のムニエル(レモンソース)

サカナ、サカナ、魚食わねえと!
そしてちょっと背伸びして作った「フランス料理」カテゴリの記事数「1」を
どないかせんと!と思って魚買ってきました・・・・・

鮭のムニエル

今回の材料は以下。(2人分)

  • 鮭の切り身(塩なし) 1切れ
  • 塩、こしょう 少々
  • バター 大さじ1
  • 小麦粉 大さじ1程度
  • レモン汁 (今回はポッカのやつを使用) 大さじ1
  • 白ワイン 大さじ1
  • つけあわせ(今回はベビーリーフ)

作り方は以下の続きから。

  1. 鮭の切り身に塩こしょう振りかけて10分放置。
    塩こしょう中
  2. 小麦粉をまんべんなく振りかける。
    鮭に小麦粉振りかける
    ちょっと振りかけすぎたかな・・・・・
  3. フライパンにオリーブオイルを小さじ1入れて強火で熱して鮭を焼く。
    余分な小麦粉はパンパンとはたいて落とすのが吉。
    今回はまず皮側から焼いてみた。
    皮に焦げ目が付いたらひっくり返して弱火にする。
    この時点でバターを入れないのは焦がさない為です。
  4. バター投入。鮭をひっくり返したりしてバターを絡ませる。
    バター投入
    焦げてしまいましたね(^^;
  5. 弱火にしてフタをして蒸し焼きにする。今回は15分ほど放置しました。
    これは鮭の厚さによって変動します。
  6. 鮭を捕りだした後のフライパンにワインとレモン汁を入れて軽く熱する。
    これがソースになります。
  7. 付け合わせの野菜とあわせてお皿に盛り、ソースかけてできあがり。

ムニエルのwikipedia」によると、いろんなソースが書いてありますね。
今回のレモンソースもさっぱりしておいしかったです。
ちなみに、この皿のもう半分はお弁当のおかずになりましたw

冷めても結構いけるそうです。(嫁さん談)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


Warning: Use of undefined constant Footer - assumed 'Footer' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gfellows/cook-man.com/public_html/wp-content/themes/grider_tcd015/single.php on line 95
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豚トロ焼き with サンチュとにんにく味噌

ただ、肉焼いて皿に乗っけて喰らうのも男らしくていい。 それにちょいと手間かければこんな感じに。 今回の材料は以下。 …

201310/4

エビマヨならぬ「トリマヨ」

昼にカルボナーラを作って卵白が2個分余った。 それなら浮かぶのが「フリッター揚げ」という使い方なんだけども、 ここはトリのもも肉を使って…

鶏肉のソテー、なめ茸オクラおろしソース

あけましておめでとうございます! ペースはかなり落ちましたが今年も色々とチャレンジしていきたいと思います。 今年最初はこちら。なぜな…

20151/6

こあじの南蛮漬け

あけましておめでとうございます。 毎日更新とはなかなか行きませんが今年も色んなゴハンにチャレンジしたいと思います。 今年はちょいと「…

鶏肉のペピトリアソース風

スペイン料理ではゆで卵を使ってソースにする肉料理があるとレシピ本で知る。 それにはアーモンドを使う、と書いてあったが手元にはクルミしかなか…

豚肉のオーブン焼き~2種類適当ソース

ロシア料理! 「まぁ~だまぁ~だつづくよぉ~う」←The Rolling Stones[Flash Point]のミックのMCより。 …

豆腐つくねハンバーグ(ひじき入り)

ここ最近はタニタ食堂レシピに課金してダイエットに励んでいるのですが やっぱり豆腐ハンバーグは鉄板ですね。 ひじき入りのが紹介されてたので…

ページ上部へ戻る