© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20089/11

すじ肉の味噌煮込み(どて焼き)

すじ肉を入手したので、ご飯のおかずや酒のアテに最高なコイツを作ってみました。
関西では「どて焼き」と言います。
すじ肉の処理に時間はかかりますが、旨さは絶品ですぜ。
なお、圧力鍋を使うと下処理は20分で済んでしまいますのでお持ちの方はぜひ圧力鍋を。

今回使った物は以下!

  • すじ肉 300g(生)
  • 八丁味噌(赤みそ)
  • 白味噌
  • みりん
  • お酒
  • ネギのみじん切り
  • 白ネギ
  • しょうが(チューブでもOK)

作り方は以下の続きから!

  1. まずはすじ肉の仕込みから。
    1リットルほどの水を鍋に張って、火にかけます。沸騰したらすじ肉投入。
    肉の色が変わり、死ぬほどアクが出ると思うので鍋の水を捨て、すじ肉を流水で洗う。
  2. 再度鍋に水を1リットル張って、ショウガのスライス、お酒半カップ、白ネギのぶつ切りを入れて
    すじ肉を弱火で煮込む。所要時間3~4時間。水がなくならないように気をつけて!
    圧力鍋だと、15分加圧して、あとは圧が抜けるまで放っておこう。
  3. 処理のすんだすじ肉を取りだして、食べやすい大きさに切る。この時点でかなりやわらかいはず。
  4. さて、本調理開始。
    水3カップ、赤味噌大さじ1、白味噌大さじ1(好みで配分OK)みりん大さじ2を鍋に溶かし
    すじ肉を弱火でぐつぐつ煮込む。所要時間20分ほど。
  5. 最初はシャバシャバな煮汁も、どんどんとろみが出てくる。
    お皿に盛って、刻みネギを載せれば出来上がり。粉山椒もイーーーネ!

正直、下準備がめんどくさいだけで、それが終われば煮汁の中に放り込んで放っとくだけ(笑)
これがまあ、飯にもばっちりなわけでス。

ここ最近のすじ肉再評価でエーライ値段上がってしまったけども
やっぱボイル済みのやつを買うよりも自分でやった方がうまいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


Warning: Use of undefined constant Footer - assumed 'Footer' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gfellows/cook-man.com/public_html/wp-content/themes/grider_tcd015/single.php on line 95
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2012年 4月 01日

201311/6

鶏もも肉の濃厚味噌煮込み

鶏もも肉を食べる方法として「味噌味」それもメシのおかずになりそうな、という コンセプトのもとでちょっと作ってみたのがこちら。 …

20087/8

ぶり大根

たまにはじっくり手のこんだ煮物なんかを作ってみたくなります。 そんな時は「ブリ大根」なんぞいかがでしょう。   用意する物は以…

鶏肉と野菜のトマト煮(メキシコ風)

アボカドディップが副菜ならやっぱメインもいるでしょって事で こんな感じの料理を作ってみました。 材料は以下。(2~3人分) …

鶏団子入りの筑前煮(2歳児Ver.)

1歳9ヶ月の愛娘、なかなかお肉が苦手のようで食べさせるにも一苦労。 野菜の方は、料理の本を見せて「どれが好きー?」って聞くと、必ず筑前煮を…

野菜のトマト煮

野菜のトマト煮(ラ・マンチャ風)

こういうトマト煮込みというのはフランス、イタリアあたりのご飯ではよくありますが スペインでもやっぱりあるみたいです。隣接する国ならではなん…

鶏胸肉と野菜の甘辛煮

胸肉、というのは「パサパサ」してるというイメージがあり 買う時もどうしてももも肉を買ってしまう傾向がありましたが 高タンパク低カロリー、…

201211/6

冬瓜を使ったカルチチョリム(太刀魚の煮付)

冬瓜を大量にもらって前回はクリームシチューにしたのだけど スーパーで太刀魚が安かったので、カルチチョリムの大根を冬瓜にする事を思いついた。…

ページ上部へ戻る