© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

20089/11

すじ肉の味噌煮込み(どて焼き)

すじ肉を入手したので、ご飯のおかずや酒のアテに最高なコイツを作ってみました。
関西では「どて焼き」と言います。
すじ肉の処理に時間はかかりますが、旨さは絶品ですぜ。
なお、圧力鍋を使うと下処理は20分で済んでしまいますのでお持ちの方はぜひ圧力鍋を。

今回使った物は以下!

  • すじ肉 300g(生)
  • 八丁味噌(赤みそ)
  • 白味噌
  • みりん
  • お酒
  • ネギのみじん切り
  • 白ネギ
  • しょうが(チューブでもOK)

作り方は以下の続きから!

  1. まずはすじ肉の仕込みから。
    1リットルほどの水を鍋に張って、火にかけます。沸騰したらすじ肉投入。
    肉の色が変わり、死ぬほどアクが出ると思うので鍋の水を捨て、すじ肉を流水で洗う。
  2. 再度鍋に水を1リットル張って、ショウガのスライス、お酒半カップ、白ネギのぶつ切りを入れて
    すじ肉を弱火で煮込む。所要時間3~4時間。水がなくならないように気をつけて!
    圧力鍋だと、15分加圧して、あとは圧が抜けるまで放っておこう。
  3. 処理のすんだすじ肉を取りだして、食べやすい大きさに切る。この時点でかなりやわらかいはず。
  4. さて、本調理開始。
    水3カップ、赤味噌大さじ1、白味噌大さじ1(好みで配分OK)みりん大さじ2を鍋に溶かし
    すじ肉を弱火でぐつぐつ煮込む。所要時間20分ほど。
  5. 最初はシャバシャバな煮汁も、どんどんとろみが出てくる。
    お皿に盛って、刻みネギを載せれば出来上がり。粉山椒もイーーーネ!

正直、下準備がめんどくさいだけで、それが終われば煮汁の中に放り込んで放っとくだけ(笑)
これがまあ、飯にもばっちりなわけでス。

ここ最近のすじ肉再評価でエーライ値段上がってしまったけども
やっぱボイル済みのやつを買うよりも自分でやった方がうまいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2012年 4月 01日

20087/8

ぶり大根

たまにはじっくり手のこんだ煮物なんかを作ってみたくなります。 そんな時は「ブリ大根」なんぞいかがでしょう。   用意する物は以…

201411/6

なすびとえのきの炒め煮

鶏ひき肉、なすび、えのき。 この三つが冷蔵庫にあったので頭をひねって作ったのがこちら。 材料は以下。 鶏胸肉のミンチ…

かぶと豆腐のあんかけ(中華風)

チビ達がお腹をこわした際、なんぞ消化のよさそうなものを・・・と考えた時に 思いついたのがこのかぶと豆腐のあんかけ。 柔らかいもん同士なの…

鶏レバーの茹で物

貧血対策で鶏レバーを食べることが増えたのですが、 「いつもいつもいつもいつも鶏レバニラかい!」とツッコミが入りそうなので・・・ 考えてみ…

20137/15

玉ひもの甘辛煮

たまにスーパーとかで見かける玉ひも。 見た目のグロさになかなか苦手な人も多いのですけれど、 調理してしまえばなんて事ない、というかとても…

厚揚げの甘辛煮込み

実は前回の「すき煮」と全く作り方は同じですw 味付けにコチュジャンを加えて、ピリ辛にしたぐらいでしょうか。 材料は以下。(3…

さといもといんげんの煮物

20152/7

さといもといんげんの煮物

前回に引き続きまたもやいんげんの出番です。 今回はさといもとにんじん、そしてひき肉と合わせてみましたよ。 今回の材料は以下 …

ページ上部へ戻る