© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

[スペイン風]豚肉と焼きパプリカのステーキ

[スペイン風]豚肉と焼きパプリカのステーキ

夏ですね!オリーブオイルの香りがますます恋しくなるのは自分だけでしょうか。
今回は久しぶりにスペイン風のレシピです。

[スペイン風]豚肉と焼きパプリカのステーキ

材料は以下!

  • 豚ロース テキカツ用 1枚
  • プチトマト 数個
  • 赤パプリカ 1つ
  • にんにく 2かけ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 白ワイン 大さじ4
  • 月桂樹の葉 1枚
  • 塩・黒こしょう 適量

作り方は以下!

  1. まずは肉に塩・こしょうで味付けを。味付けてから30分ぐらい経ってから調理するのがヨシかと。
  2. フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、包丁の腹で潰したにんにくと月桂樹の葉を入れます。
  3. にんにくがきつね色になった時点で肉を入れて強火に。
  4. 本当はこの時点で月桂樹の葉とにんにくは取り出すべきなんでしょうけど、面倒くさかったのでそのままにしました。
    にんにくは焦げすぎないように月桂樹の葉の上に(笑)
    強火のままひっくり返して肉に焦げ目が付いたら弱火に。
  5. それと同時にパプリカにオリーブオイル(分量外)に塗った物をグリルで直火焼き。真っ黒に焦げるレベルで。
    あとで焦げた部分をそげ落とすと、それはそれは甘い素敵なお味になります。
  6. 肉に火が通った段階(5分ぐらい)でプチトマト投入。ちなみにこれは我が家のプランターで採れたものです。
  7. 焦げ目を取ったパプリカと白ワインを入れて軽く煮詰めて出来上がり。

と、味付けはとてもシンプルですが盛り付けたらそれなりのご馳走感があります。
白ワインのほのかな香りとニンニクの香ばしさ、そして肉の脂身の味、と作り方はシンプルですが味わい深いです。

今回のレシピ、参考文献がありまして。

イビサ スモークレストラン シェフの尾花光さんが書いた「わが家の本格スペイン料理」です。

このレシピ本、オールカラーでとても見やすくてスペインの様々な材料についてのコラムもとても豊富!
材料も日本国内で入手出来る物を中心に書かれているのがとても親切ですね。
「タパス・スープ・サラダ」「メインと米料理」「デザートとドリンク」の三章に分かれていて、もちろん代表料理のアヒージョ、パエリアも収録。
ドリンクにはサングリアもあって、これ1冊でスペイン家庭料理はほぼ網羅出来るのでオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

白身魚のムニエル(レモンソース)

嫁さん曰く、「全然魚がない」との事(笑) そういやあ、肉ばっか食ってますね・・・・ というか新鮮な魚も手に入りにくいし、釣りもしないので…

カジキのガーリックバターステーキ

カジキマグロとして売られているけど正式名称はカジキだそうで。 マグロと似てる部分が多いから付けられた俗称だとか。 あんまり大阪のスーパー…

鶏もも肉の夏野菜ソース

ちなみにこれもスペイン料理。 ここまでトマトトマトしてると「イタリア料理じゃねーのか?」とも思いますが そこはそれ、文献に載ってるんだか…

えびのにんにくオイル炒め(アヒージョ)

なんせオリーブオイルとにんにくの分量には驚くばかりのスペイン料理。 それの真骨頂とも言えるのがこのアヒージョという「ニンニク風味」を表す言…

鶏肉のペピトリアソース風

スペイン料理ではゆで卵を使ってソースにする肉料理があるとレシピ本で知る。 それにはアーモンドを使う、と書いてあったが手元にはクルミしかなか…

鮭のムニエル(レモンソース)

サカナ、サカナ、魚食わねえと! そしてちょっと背伸びして作った「フランス料理」カテゴリの記事数「1」を どないかせんと!と思って魚買って…

野菜のトマト煮

野菜のトマト煮(ラ・マンチャ風)

こういうトマト煮込みというのはフランス、イタリアあたりのご飯ではよくありますが スペインでもやっぱりあるみたいです。隣接する国ならではなん…

ページ上部へ戻る