© Cook-man(クックマン)~男のスピードレシピ集 All rights reserved.

201211/3

なすびの洋風ソテー(ケチャップソース)

クリームシチューを食べる際に、もう一つおかずがほしい、と思ったら
冷蔵庫の中になすびと山芋とにんじんとピーマンしかなかった。
な、何を言ってるのかわからねーと(以下r

要するにクリームシチューとのペアで味噌炒めはねーよな、と思って思いついた物です。

なすびの洋風ソテー

材料は以下

  • なすび 2本
  • ピーマン 2個
  • 人参 1/3本
  • 山芋 100g程度
  • にんにく 1かけ
  • 赤ワイン 半カップ
  • ケチャップ 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2

作り方は以下の続きから

  1. なすびは縦に半分にまず切ってから8mm幅ぐらいにスライスする。
  2. にんじん、山芋、ピーマンは小さく切る。
    小さく材料を切った図
  3. まずはソースを作る。
    小さい鍋にオリーブオイルを小さじ1程度入れて弱火で上記2を炒める。
    山芋の粘り気が焦げる可能性があるので、火加減は弱めで。
  4. ある程度しんなりしたなら、赤ワインを入れて一旦強火にしてアルコールを飛ばす。
  5. 1分ほど沸騰させた後、ケチャップと砂糖を入れて弱火で煮込む。
    ケチャップソースを作っている図
  6. ある程度とろみが出たら出来上がり。
    このままのレシピだと結構酸味があるのでケチャップや砂糖の量で調節をしてくださいませ。
  7. 別のフライパンでにんにくみじん切りとオリーブオイルを入れて弱火で火をつける。
  8. にんにくから泡が出始めたらスライスしたなすびを入れる。
    茄子はあっという間に油を吸うので、弱火にして両面をまんべんなく焼く。
    蓋をして蒸し焼きにしてしまうのもいいと思う。
  9. 茄子から水が出てしんなりしたらお皿に盛りつけて、上からソースをかけて出来上がり。

肉をなすびに置き換えてみた、という感じの料理ですが
けっこういける味でした。
でもお子さんにはけっこう酸味があってきついですかね・・・・
その場合、ワインをコンソメスープにしたり、山芋を玉ねぎに変更して甘みを出すのがいいかもです。

ごはんよりは・・・・・パンですねえやっぱりw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200912/18

サムギョプサル

釜山で食べたものの中でこれも忘れられない味。 あの時に撮った写真を見ながらせっせと再現してみました。 今回の材料は以下!(2…

豚のしょうが焼き

ちょいと豚肉が続きます。 今回はしょうが焼きです。 今回の材料は以下!2人分です。 豚肉 (生姜焼き用) 6枚 …

20128/14

鶏のオーブン焼き(甘いソース)

嫁さんと娘が帰省して、留守番しているのですが冷蔵庫の材料を使い切らないと かなりヤバイ状況になってきてまして、実験がてら作ったのがこれ。 …

20095/17

鶏肉の木の芽マヨネーズソース

前回のエントリーで作った木の芽味噌にマヨネーズを足してみた。 そしてそいつを鶏肉の焼いたのにかけてみました。 今回の材料は以…

20114/20

手羽元のマヨネーズオーブン焼き

手羽元料理は続く!(どれだけハマってんだw) 今日は焼いてみた。しかしめんどうなのはいやだった! 今回の材料は以下。 …

トルティーリャ(スペイン風オムレツ)

スペインといえばこの料理というぐらいのこのオムレツ。 文献によると料理ヘタな人を指す際に 「トルティーリャもうまく焼けないヤツ」と揶揄さ…

201310/4

エビマヨならぬ「トリマヨ」

昼にカルボナーラを作って卵白が2個分余った。 それなら浮かぶのが「フリッター揚げ」という使い方なんだけども、 ここはトリのもも肉を使って…

ページ上部へ戻る